枕草子 一段『春はあけぼの』【現代語訳と原文】

平安時代中期、清少納言が書き残した『枕草子』。

その枕草子の中でも最も有名な冒頭部分『春はあけぼの・・・』

今回はそんな枕草子一段『春はあけぼの』の原文と現代語訳のご紹介です。

なお原文は一番下に書いてあります。

スポンサーリンク

現代語版枕草子 1段 ~春はあけぼの~

春は明け方が趣がある。

少しずつ白み始める空。

遠くに見える山の稜線が少しだけ明るくなり始める。

その周りには紫がかった細い雲がたなびいている。

夏は夜が趣がある。

月が浮かぶ夜は当然風情がある。

しかし、月明かりもなく闇に閉ざされた夜も良い。

漆黒の闇に見えるのは飛び交う蛍の光。

沢山飛び交っている光も良いし、一匹、二匹だけの光も趣がある。

雨など降っている時も、また風情がある。

秋は夕暮れが趣がある。

遠くに見える山の稜線に日が沈みかけている。

夕日に染まった空を飛ぶのは、寝床に帰る烏の姿。

実に趣がある。

空を飛ぶ雁(かり)の群れが小さくなっていくのも、また趣がある。

日が沈み、風の音や虫の鳴き声が聞こえるのも良い。

冬は早朝が趣がある。

雪の降る日はもちろん風情がある。

白い霜が降りている日ももちろんのこと。

とっても寒い日の朝。

火を起こすため、大急ぎで炭を運んでいる光景も趣がある。

でも、昼間になって燃え尽きた白い炭がほったらかしになっているのは、ちょっとだらしない。

枕草子 一段の個人的解釈

この有名な章段は、清少納言が風情を感じた四季の一コマを綴ったものです。

あなたはどんな時に春夏秋冬を感じますか?

春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬は雪・・・こんな感じではないでしょうか。

しかし清少納言は違いました。

それぞれの季節が見せる一瞬の情景に四季の風情を見出す。

これが彼女の感じた四季であり、着眼点の面白さです。四季の一瞬を切り取り、その後に目まぐるしく変化してく情景が見事に伝わってきます。

特に秋の情景はグッときますね!

そして、原文では各季節の冒頭に『春は曙』、『夏は夜』、『秋は夕暮れ』、『冬はつとめて』と出てきますが、この四つの冒頭部の後には、『をかし』が隠されています。

『をかし』とは『趣がある』という意味。原文には書かれていませんが、僕は『をかし』を追記して現代語にしています。

枕草子と言えば『いと、をかし』

この作品を代表する『春はあけぼの』ですから、やっぱり『をかし』を付けて、『春は明け方が趣がある』としています。

なお、『春はあけぼの』の詳細な解説と情景はこちらをご覧ください。

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!
あまりにも有名な枕草子一段『春はあけぼの』。世界最古の女流随筆集『枕草子』はこの一段から現代人を唸らせ、清少納言の世界観に引きずり込みます。カメラもスマホも無い時代・・・しかし、そこに書き記された『春はあけぼの』はまるで静止画でも見ているかのような錯覚すら覚えます。清少納言が捉えた四季の一瞬を堪能してみましょう。

この一段を理解することで、枕草子の世界にグイグイ引き込まれていくことになりますよ。

もっと枕草子の世界を覗いてみたい方は、こちらからお好みの記事をご覧ください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

スポンサーリンク

【原文】 枕草子 一段『春は曙』

春は曙。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこし明かりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがいたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くも、をかし。雨など降るも、をかし

秋は夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近こうなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた、言ふべきにあらず

冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃火桶の火も白き灰がちになりて、わろし

※読みやすさを考慮し、適宜改行しています。

枕草子の原文と現代語全文を、手軽に楽しみながら学びたい方にはコチラがおススメです。

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。