織田信長おすすめ本8選【一般書、漫画、小説、伝記など初心者向け書籍をご紹介】

オススメの歴史本

日本史に登場する人物の中でも、屈指の人気・知名度を誇る「織田信長」

ゆえに興味を持たれやい人物ですから、どのような活躍をしたのか知りたいと思う方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、

・織田信長について、漫画や小説などで楽しみながら学びたい
・桶狭間の戦いや本能寺の変などの有名な出来事以外の、織田信長の活躍を知りたい
・織田信長の本当の人物像を知りたい

といった観点から、初心者でも読める書籍から漫画・小説まで「織田信長をより楽しく学べる書籍」をご紹介します。あなたにお望みに合った本が見つかりますので、ぜに参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

おすすめ① 織田信長を漫画で楽しく学びたい人向け その1

【こんな人におすすめ】
活字が苦手、マンガで楽しく織田信長の活躍を知りたい方
【書籍データ】
書名:角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 織田信長
形態:単行本
頁数:160ページ

「活字の本を読んでいると眠くなる・・・」という方には、やはり漫画がオススメです。漫画なので視覚的にも楽しめますし、登場人物も見た目で区別がつくので、人物名を覚えるのに苦労する歴史物のストレスを軽減できるのも大きなメリットですね。

 

これは個人的な好みになりますが、絵のタッチがかなりかっこ良いところも推しポイントです。

子供から大人まで、幅広くオススメできる織田信長の書籍です。

created by Rinker
KADOKAWA
¥990(2022/12/08 22:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ② 織田信長を漫画で楽しく学びたい人向け その2

【こんな人におすすめ】
活字が苦手、マンガでサクッと織田信長の活躍を知りたい方
【書籍データ】
書名:織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記)
形態:単行本
頁数:144ページ
漫画ですと、どうしても絵のタッチが好きになれないというケースもあるため、もう一冊マンガ作品のご紹介です。
こちらも漫画なので、活字が苦手な人にはもちろんオススメです。
 
個人的な主観になりますが、先にご紹介した書籍と比べると絵のタッチがスタイリッシュで爽やかな印象があります。
ページ数も少なめなのでサラっと読めてしまうのもポイントですね。
 

 

おすすめ③ イラスト付きでライトに織田信長を知りたい人向け

【こんな人におすすめ】
豊富な挿絵が楽しめるライトな読み物をお探しの方
【書籍データ】
書名:キャラ絵で学ぶ! 織田信長図鑑
形態:単行本
頁数:144ページ
小難しいイメージが強い歴史物ですが、本書は豊富なイラストが挿し込まれているので内容がとても理解しやすいです。
 
単に織田信長の事績を追いかけるだけでなく、織田信長はどんな甲冑を付けていたのか?合戦でどのように戦っていたのか?などといったこともイラスト付きできちんと解説してあるので、より理解が深まります。
 
 
織田信長を手軽に知りたいけれど、マンガには抵抗がある方には特におすすめです。
created by Rinker
¥1,760(2022/12/08 22:02:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ④ 織田信長の意外な人物像を知りたい人向け

【こんな人におすすめ】
意外な織田信長の人物像を知りたい方
【書籍データ】
書名:大間違いの織田信長
形態:単行本
頁数:288ページ
織田信長というと、「部下に厳しくて怖い人」とか「残虐で非情な人」とか「先見性に長けた革命児」というイメージが強いかと思います。ですが、本書ではそういった織田信長像を大きく覆してくれます。
 
読み終わる頃には、現代人と変わらない感覚が織田信長にもあったことがわかり、一人の人間としての織田信長に妙な親近感を感じることでしょう。
 
 
織田信長がどんな活躍をした人物なのか、なんとなくでも把握している方がより楽しめると思うので、織田信長の関連書籍を何冊か読んだ方にオススメしたい書籍です。
created by Rinker
¥1,426(2022/12/08 22:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ⑤ 小説でがっつり織田信長の人生を味わいたい人向け その1

【こんな人におすすめ】
織田信長の活躍を物語で楽しみたい方
【書籍データ】
書名:織田信長(山岡荘八歴史文庫)
形態:文庫
巻数:全5巻
単なる歴史解説では面白くないけれど、物語なら楽しんで読めると言う方も多いのではないでしょうか。そういった方には、やはり小説がオススメ。
 
本書は「山岡荘八歴史文庫」という歴史上の人物扱ったシリーズで、1987年に発売されて以降、今も発刊されている超ロングセラーです。個人的には、織田信長の小説と言えば本書が思い浮かびます。
 
 
長年読まれ続けているだけあって、その内容にも安定感があるのもポイントのひとつです。
 
全5巻で、1巻あたりのページ数は400~450ページくらいなので、読み応えも十分でしょう。
created by Rinker
¥840(2022/12/08 22:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ⑥ 小説でがっつり織田信長の人生を味わいたい人向け その2

【こんな人におすすめ】
織田信長の活躍を物語で楽しみたい方
【書籍データ】
書名:国盗り物語
形態:文庫
巻数:全4巻
こちらの作品も、織田信長小説の王道と言えるでしょう。大河ドラマの原作にもなった司馬遼太郎先生の「国盗り物語」です。
 
こちらの作品の最大の特徴として、1巻と2巻は織田信長の義父にあたる「斎藤道三」という武将が主人公で、3巻と4巻で織田信長が主人公になります。
織田信長の活躍だけを読みたい方にはマイナス要素かもしれませんが、斎藤道三は織田信長を知る上で避けては通れない人物なので、本書で斎藤道三に触れておくのも良いのではないでしょうか。
 
全4巻で1巻あたり500パージ超え、最終巻のみ700ページを超える大ボリュームとなっています。
 
なお、歴史物の小説は物語を盛り上げるために内容が脚色されている場合もあるので、史実を学ぶというよりも物語を楽しむというスタンスで読むことをオススメします。
created by Rinker
¥742(2022/12/09 16:54:45時点 Amazon調べ-詳細)
 

 

おすすめ⑦ 伝記で硬派に織田信長を学びたい人向け

【こんな人におすすめ】
どうせなら最初から本格的に織田信長を学びたい方
【書籍データ】
書名:織田信長 (人物叢書)
形態:単行本
頁数:328ページ
本書は、たくさんの人物の伝記を発売している「人物叢書そうしょ」というシリーズ。
本格的な伝記なので初心者向けかと言われると微妙なのですが、どうせなら最初から本格的なものを読みたいという方にはオススメしたいです。
 
個人的には、何冊か織田信長の関連書籍に触れた方が読むのが良いかと感じます。
 
なお、織田信長に限らず、人物叢書シリーズは私も何冊か持っており、当ブログの記事を書く際にも大いに参考にしています。
created by Rinker
¥2,530(2022/12/08 22:02:04時点 Amazon調べ-詳細)
 

おすすめ⑧ 現代語訳された史料で織田信長をしっかり学びたい人向け

【こんな人におすすめ】
歴史研究にも使われる史料で織田信長を学びたい方
【書籍データ】
書名:現代語訳 信長公記
形態:文庫
頁数:541ページ

信長公記しんちょうこうき」は織田信長の事績を記した歴史史料です。作者は織田信長の家臣だった太田牛一おおたぎゅういちという人物。信長公記は現在の歴史研究でも活用されており、織田信長と同時代を生きた部下が著した貴重な文献とされています。そんな信長公記を現代語訳したのが本書です。

現代で書かれた多くの織田信長関連書籍の下敷きになっているような史料なので、別の書籍を一緒に持っておくと、より一層理解が深まるでしょう。

また、織田信長のことを知っていくと、いずれは読みたくなる書籍でもあるので、いっそのこと最初から所持しておくのも有りです。

created by Rinker
¥942(2022/12/09 16:54:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

織田信長おすすめ8選まとめ

以上、織田信長関連のおすすめ書籍8選をお届けしました。

 

織田信長は日本史の中でも特に人気・知名度のある人物で、その活躍に興味を持つ方も多いです。ぜひより多くの方に織田信長の活躍を知っていただき、歴史を学ぶワクワクを感じて頂ければと思います。

 

今回紹介した書籍を手に取って頂ければ、筆者としてはこれに勝る喜びはありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。