古事記が語る大国主(オオクニヌシ)の国譲り神話とは史実なのか?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

大国主(オオクニヌシ)が作り上げた、日本の国土を天照大御神(アマテラス)が横取りしたかのように見える『国譲り神話』。

古事記に書かれていることだけを見れば、アマテラスの非情な強奪劇とも捉えられるエピソードでもあります。

そんな『国譲り神話』が物語っているものとは一体なんなのか?

『国譲り神話』とは果たして史実だったのか?

今回は、日本の成り立ちを考える上で非常に重要な『大国主の国譲り神話』に迫ります。

※以後、煩雑さを避ける為、神様の名前はカタカナで表記します。

スポンサーリンク

大国主の国譲り

国譲りの概要

まず、僕自身『国譲り神話』は何らかの史実を反映したものであると考えています。

その詳細をお伝えするにあたり、まずは『国譲り神話』の概要を簡単に見ていくことにしましょう。

因幡の白兎を助けたり、兄貴たちの疎まれ何度もハメられたり、スサノオ(アマテラスの弟)の試練を何とか切り抜けてきたオオクニヌシ。

オオクニヌシはスクナビコナ(蛾の神様)と共に日本の国土(地上世界)を作り上げました。

しかし・・

高天原(天上世界)のアマテラスは、『地上世界はアマテラスの子供(アメノオシホミミ)が治める国であるとして、地上に神様を派遣します。

しかし、遣わされた神様たちは、オオクニヌシの娘と結婚してしまいました。

偵察で鳥を向かわせたりもしましたが、ことごとく失敗しました。

その後、『タケミカヅチ』という剛腕の神様を遣わしました。

最初はオオクニヌシの息子たちが抵抗しましたが、対抗しきれずにオオクニヌシは地上世界をアマテラスに譲ることを決意します。

こうして、オオクニヌシを高天原に届くような壮大な宮殿に祀ることを条件として国譲りが行われました。

かなり簡略化していますが、これが『国譲り神話』です。

史実を反映した国譲り神話

では、これより国譲り神話が史実を反映したものである可能性に迫っていきます。

軽く結論を言うと、オオクニヌシとは古代日本(弥生時代くらい)に実在していた大勢力のトップであったと思われます。

つまり国譲りとは、オオクニヌシの率いる勢力が、アマテラスの率いる勢力に屈服した物語です。

そのことを前提に、ひとつひとつ見ていきましょう。

出雲大社の参拝方法

国譲り神話の最後でオオクニヌシが祀られた場所は、現在でも縁結びの神様として有名な島根県の『出雲大社』です。

この出雲大社の参拝方法ですが、一般的な神社の参拝方法と少し違うのをご存じでしょうか?

普通、神社の参拝方法とは『ニ礼二拍手一礼』です。

2回頭を下げて、2回パンパンと手を鳴らし、最後にもう一度頭を下げる。

これが一般的な神社の参拝方法です。

ですが、出雲大社は『ニ礼四拍手一礼』です。

2回頭を下げて、4回パンパンパンパンと手を鳴らし、最後にもう一度頭を下げる。

これが出雲大社の参拝方法です。

現在、日本の最高神とされるアマテラス系に連なる神様の参拝方法とは異なる、出雲大社の参拝方法。

この参拝方法の違いが意味するもの。

それは出雲には、アマテラスとは異なる独自の信仰があったことを匂わせます。

出雲で出土した大量の銅剣

出雲大社の近くには『荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)』という古代遺跡が存在します。

この遺跡からは358本もの、大量の銅剣が出土しています。

この数は、一か所から出土した銅剣の本数としては過去最大。

その他にも銅鐸や銅鉾などもたくさん出土しています。

これは、古代日本に強大な出雲国家が実在していた決定的な根拠になります。

その強大な出雲国家を統治していたのがオオクニヌシです。

オオクニヌシの出雲国家が、アマテラスの大和朝廷に屈した物語。

それが『国譲り神話』であると考えてられます。

神無月と神在月

神無月(かんなづき)と神在月(かみありづき)をご存知でしょうか?

ここにも。出雲にまつわる面白い伝承があります。

『神無月』とは旧暦の10月のことです。

全国にいる八百万の神(やおよろずのかみ)が、1年に一度、一か所に集い会議をすると言われています。

その時こそが、旧暦の10月、神無月です。

つまり、全国の神様が出雲に集まってしまうので、神様が居なくなってしまう月。

なので『神無月』と言うわけです。

ですが、神々が集う出雲だけは、旧暦10月の呼び方が異なります。

出雲では旧暦10月を『神在月』と呼びます。

神様が集う出雲だけが『神の無い月』ではなく『神の在る月』なのです。

これには諸説あり、出雲国家の根拠とまでは言えませんが、出雲に神々が集まるという伝承は、オオクニヌシが偉大な存在であったことを物語る、ひとつの面白い伝承なのかなとも思います。

スポンサーリンク

古事記に国譲り神話が記されている理由

以上が、国譲り神話が史実を反映していると考える理由です。

でも、ここでひとつ疑問が沸きます。

日本の最高神であるアマテラスが、オオクニヌシの国を奪うようなエピソードがなぜ古事記に記されているのか?という点です。

普通に考えれば、アマテラスは最高神なのだから、高貴な存在である必要があるはずです。

そのアマテラスが、オオクニヌシの国を奪ってしまった国譲り神話。

実は、この神話が語られていること自体、国譲りが史実を反映したものである最大の理由なんです。

実は、出雲国家というのは、縄文人の国家であったことがDNA解析などで判明しつつあります。

つまり、オオクニヌシとは縄文人の血を引く日本土着の民族だったわけです。

そして、何らかの理由で大陸から日本にやってきた人たちが、縄文人との混血を繰り返し弥生人となります。

それがアマテラスの大和朝廷です。

つまり、アマテラスは弥生人です。

弥生人と縄文人が融和した物語。

それが『国譲り神話』です。

ここで注意して欲しいことが1点あります。

オオクニヌシに代表される縄文人は、アマテラスの弥生人に征服された訳ではないという事です。

まず、弥生人は完全な渡来系ではなく、縄文人との混血であるということです。

これもDNA解析で明らかにされつつあります。

そして、この頃の遺跡から出た遺骨には外傷がなく、戦争の痕跡が見られません。

また、オオクニヌシを高天原まで届くような壮大な出雲大社を造営し、お祀りしたことからも、オオクニヌシを尊ぶ意思が見て取れます。

なにしろ、古事記にも争ったことは一切記されておらず、多少のいざこざはあったものの、オオクニヌシとアマテラスは平和的に国譲りを実行しています。

古事記とは、日本の成り立ちを後世に伝える為に記された歴史書です。

全国各地で伝承されていた神話をひとつの体系にまとめたものが日本神話です。

史実であったからこそ、縄文人と弥生人両方が納得できるような、そして縄文文化と弥生文化が実在していたことを後世に伝える為、あえてアマテラスの強奪事件のような国譲り神話を、古事記は採用しているのだと考えます。

古事記の内容が、全てが史実であるとは思いません。

事実、古事記には荒唐無稽な話もたくさん記されています。

しかしながら、日本神話は日本国家の原型が出来上がりはじめた、弥生時代のことを伝承したものであると僕は考えています。

神話を歴史として扱うことは出来ないかもしれません。

ですが、神話にこそ、日本の成り立ちを示す重要な手がかりが隠れている。

そして、日本人の根幹を形作る精神性が語られている。

日本神話とは、そういうものであると僕は考えています。

神話や日本の成り立ちのまとめ記事はコチラです。

現存する世界最古の国『日本』を知ろう!!神話のこと!日本のこと
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂でございます。 未来を担う日本の若者たち。 少子化が叫ばれる現代だから...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。