枕草子 一二七段『はしたなきもの』を簡単解説!清少納言の恥ずかしい失敗談

枕草子のこと

 

ご来訪ありがとうございます。

『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。

 

世界最古のエッセイと言われる『枕草子』。著者の清少納言はこのエッセイの中で、1000年前の様々な事柄を取り扱っています。

 

今回は1000年前のやらかした出来事。

 

枕草子では【間の悪いもの】として紹介されています。

 

枕草子に書かれた間の悪いものは以下の3つ

 

・自分が呼ばれていないのに、振り返ってしまったこと

・子供が本人の前で、噂話をベラベラ喋ってしまったこと

・悲しい話に涙できなかったこと

 

実際に清少納言が体験したことかのか、はたまた誰かの行動を見て書いたのかは分からないのですが、恐らくは自身の経験談からくる記事なのでしょう。(根拠はない・・・)

 

現代でも同じような体験をしたことがある人も多いはず!

 

古文? 品詞分解? 歴史的仮名遣い?

そんな専門知識が無くたって『枕草子』は楽しめる!!

 

では、清少納言の恥のかきっぷりに迫ってみましょう。(※場面設定は僕なりの脚色ですのご理解ください)

 

 

スポンサーリンク

~1000年前のやらかした体験談~

誰かに呼び止められる?清少納言

いつもと変わらぬ日常。清少納言が路地を歩いていると、ふと声がしました。

 

「ちょっと、そこのあなた!」

 

「はぁい」

 

振り返る清少納言。するとそこには見たこともない他人が立っていました。その人は怪訝そうな顔をしています。

 

「・・・」

気まずい空気が流れます。

 

「あんたを呼んだんじゃないですよ・・・」

 

「は、はぁ・・・失礼いたしました」

 

顔を真っ赤にした清少納言は、足早にその場を立ち去りつつ、こう思いました。

 

「は、恥ずかしい・・・」

 

 

ベラベラ喋ってしまう子供に焦る清少納言

いつもと変わらぬ日常。清少納言は友人と世間話に花を咲かせています。傍らでは幼い子供が、棒を振り回して遊んでいます。

 

「そうそう、あの噂知ってる?」

 

「え?なになに?」

 

清少納言の話に食いつく友人。

 

「実はあの男・・・」

 

清少納言お得意?の陰口が始まりました。こうなると、もう止まりません。

友人と笑い転げる清少納言。しかしこれが不運の始まりでした。

 

 

翌日・・・

今日もいつもと変わらぬ日常。ふと昨日、噂に上った男性と出会いました。

 

「こんにちは」

 

「やぁ、こんにちわ」

 

軽いあいさつを交わし、その場を去ろうとする清少納言。その時、一人の子供が近づいてきました。昨日、陰口で盛り上がっていた時、傍らで棒を振り回していた子供です。

 

なんとその子は男性に、昨日の噂話の内容をベラベラと喋り始めました。

 

子供に悪気は無かったのでしょうが、何というタイミングの悪さ。

 

顔面蒼白になる清少納言。

 

「あぁ、そんな話もしたかしらねぇ・・・おほほほ・・・」

 

顔を真っ青にした清少納言は、足早にその場を立ち去りつつ、こう思いました。

 

「あのクソガキ・・・」

 

 

涙が枯れた清少納言

いつもと変わらぬ日常。清少納言の元に知人が訪ねてきました。その知人は、先日ひどく悲しい思いをし、胸の内を話そうを訪ねてきたとの事。

 

話を聞き、悲しみに共感する清少納言。

 

「それは、お辛かったことでしょう」

 

その知人は話しているうちに、悲しかった出来事思い出し、わんわんと泣き始めてしまいました。

 

清少納言も悲しい顔をし、ともに涙する・・・はずでした。が、涙が出てこない。

 

焦る清少納言。なんとか涙を流そうと悲しい顔を作るのですが、一行に涙は出てきません。

 

共感してくれない清少納言を見た知人は、足早にその場を立ち去ってしまいました。

 

 

~1000年前から失敗は誰にでもある~

いかがでしたか?1000年前のやらかした出来事。頷けるエピソードもあったのではないでしょうか?

 

人間誰でも、一つや二つ消し去りたい過去を持っているものです。それは1000年前の平安時代も同じこと。

 

そういった過去を糧に、人間は成長していくんです。

 

※参考:枕草子 一二七段『はしたなきもの』より

 

 

余談 ~今回の記事について~

冒頭でも触れましたが、今回の内容は清少納言の体験談かどうかはよくわかりません。ですが、枕草子に書き残している以上、自身の経験からくるものであろうと仮定した内容になっています。

 

よって場面設定などは多少脚色してあります。

 

実際の枕草子には、やらかした出来事だけが列挙されており、その時の詳しい状況などは書かれていませんのでご注意ください。

 

しかしながら

・自分が呼ばれていないのに、振り返ってしまったこと

・子供が本人の前で、噂話をベラベラ喋ってしまったこと

・悲しい話に涙できなかったこと

 

この3つを【間の悪いもの】として、書き残していることは事実ですので何卒ご理解ください。

 

もっと枕草子の世界を覗いてみたい方は、こちらからお好みの記事をご覧ください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
...

 

 

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

 

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
有名戦国大名の家臣団を一覧でご紹介
スポンサーリンク
枕草子のこと
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史