安易に出来ない!恐怖『指切りげんまん』の意味や由来、元ネタとは?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

指切りげんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指切った♪

小さい頃に誰もがやったであろう約束の儀式『指切りげんまん』

実は、指切りげんまんは、軽い気持ちでやっていい約束ではないことをご存知でしょうか?

本当の意味を知ると、とてもじゃないけど安易に出来なくなる『指切りげんまん』の由来をお伝えします。

スポンサーリンク

恐怖の約束『指切りげんまん』

『指切りげんまん』の発祥とルーツ

日本での指切りげんまんの発祥は江戸時代だと言われています。

江戸時代の遊郭に通っていた男性が、遊女と恋に落ちた時、お互いの愛に嘘が無いことを誓い合うの行為だったそうです。

そして、実際に指を切って相手にプレゼントすることで、愛の証明にしていました。

つまり、指切りげんまんの原型は、本当に指を切断していたのです。

この行為が一般的に広まっていき、子供たちの童歌となり、現代の指切りげんまんに変化していったと思われます。

『指切りげんまん』の意味

次に、指切りげんまんの歌詞について見て行きましょう。

その歌詞をよくよく見てみると、ただならぬ内容であることが分かります。

まずは『針千本飲ます』という行為はその言葉の通りで、約束を破ったら針を千本飲まなければならないということです。

これだけでも恐ろしいのですが、実は『げんまん』という言葉にも恐ろしい意味が含まれています。

『げんまん』を漢字にすると『拳万』となります。

『拳万』とは、握りしめた拳で1万発ぶん殴られるという意味です。

つまり、指切りげんまんをしたのに約束を守らなかった場合、1万発殴られた後に、千本の針を飲まなければならないのです。

どうでしょうか?

指切りげんまんとは、安易な気持ちでする約束ではなかったのです。

誓いの証である『指』

ここからは僕の想像です。

婚約指輪とか結婚指輪って、パートナーがいることの証ですよね。

言い換えれば、相手に対する愛の誓いとして指輪をしているわけです。

これって、江戸時代の遊郭の話と似ている気がしています。

誓いの指輪をするというのは、古代ローマでもやっていたらしく、西洋から入ってきた文化なのかもしれませんが、『指』というものを『誓いの証』としている文化は日本だけのものではないようです。

あるいは、霊柩車を見かけた時に親指を隠すという風習があったりもします。

これは誓いとか約束とは違いますが、何かしらの指に対する宗教的な風習なのかもしれません。

もしかしたら、世界的に『指』に対する一種の信仰が、昔からあったのかなと妄想しています。

まとめ

以上、指切りげんまんの由来と歌詞の意味でした。

実は、とっても恐ろしい罰をうけなければならない『指切りげんまん』。

ぜひ、気軽な気持ちでやってしまわないよう、気を付けてくださいね。

日本に古くから伝わる伝承や風習のまとめはコチラです。

意外と知らない!日本の伝承・風習の意味や由来まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 約1500年から約2600年の歴史を持つ日本には、古来より様々な伝承や風習が...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。