皇室の基礎知識!男系天皇と女系天皇の違いとは?女性天皇はOK?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

ちょっと前から、女性の天皇陛下を容認するか?それとも容認しないかで意見が分かれていますね。

実は、この問題って、単に女性は天皇になるかどうかっていう簡単な議論ではなくて、その本質は別の所にあります。

女性が天皇になれないのは差別だとする論調もありますが、果たして本当にそうなのか?

議論の本質を知り、多くの日本人がそれぞれの考えを持って頂ければと思います。

スポンサーリンク

男系天皇と女系天皇

女性天皇と女系天皇の違い

日本の歴史上には、女性天皇が存在しています。

  • 推古天皇
  • 皇極天皇(斉明天皇)
  • 持統天皇
  • 元明天皇
  • 元正天皇
  • 孝謙天皇(称徳天皇)
  • 明正天皇
  • 後桜町天皇

この内、皇極天皇は後に斉明天皇、孝謙天皇は後に称徳天皇というように、2度天皇になっています。

これを『重祚(ちょうそ)』と言います。

なので、全部で8名(八方十代)の女帝がいたことになります。

つまり、女性が天皇になること自体は前例があるのです。

ただし、女性天皇が民間人の男性を婿に迎え、その子供が天皇になったことは一度もありません。

ここに『女性天皇』と『女系天皇』の違いが隠れています。

実は、歴代天皇の全てが、父親を辿って行くと初代の神武天皇に辿りつきます。

昭和天皇のお父様は大正天皇、大正天皇のお父様は明治天皇、明治天皇のお父様は孝明天皇・・・というような流れで、最終的に初代 神武天皇まで遡ることが出来ます。

これを『男系』と言い、日本史上ひとつの例外もなく、全て男系の子孫が天皇の位についています。

8名の女性天皇も、全て父親が男性の天皇、つまり『男系女子』です。

なので、父親が天皇陛下であれば、女性も天皇になること自体は、日本の歴史上、問題は無いのです。

(ただし、現在の皇室典範では『男系男子』にのみ皇位継承権があるとされている)

しかし、ここで問題になることがひとつあります。

仮に、女性天皇に民間人の男性が婿入りし、その子供は天皇に位に就けるのか?

このケースが認められた場合、父親が天皇ではない天皇が誕生することになります。

つまり、これまで『男系継承』でのみ繋がって来た天皇の系譜が崩れることになります。

これが『女系天皇』です。

これは、2000年前後続く日本の歴史上に、ひとつも例のないことです。

歴代8名の女性天皇は生涯独身であったり、男系天皇の后であったりするので、民間人の男性を婿に迎えて授かった子供が天皇になったことは一度もありません。

これが、女性天皇と女系天皇の違いなのです。

万世一系

このように、男系継承のみで繋がっている皇統を『万世一系(ばんせいいっけい)』と言います。

日本の歴史上、時の政権や権力者は何度も変わってきました。

蘇我馬子、藤原道長、平清盛、源頼朝、足利尊氏、豊臣秀吉、徳川家康・・。

また、蘇我入鹿、弓削道鏡、平将門、足利義満、織田信長などは、王権簒奪、あるいは天皇を凌駕しようとしていたとする説もあります。

しかし、約2000年にも及ぶ日本の歴史を、一度の例外も無く一直線に貫いているのが天皇の男系継承です。

政権が変わろうと、王権簒奪を狙う者が現れようと、唯一犯すことが出来なかった不変の歴史。

それが『万世一系』です。

この万世一系は、日本が世界最古の国であることを担保し、また日本の大きなアイデンティティにもなっています。

2019年現在、皇室の男系男子が少なくなり、近い将来 万世一系が途絶える可能性があります。

そうなった時、これまで不変であった『万世一系』を崩して良いのか?

これが、女性天皇を巡る議論の本質なのです。

男系継承は女性差別なのか?

そして、女性が天皇になれないことは『女性蔑視』だとする意見もあります。

とは言え、歴史上には女性天皇もいらっしゃいますし、『男系』と『女系』という議論の本質が分かってくると、差別とは別次元の問題であることもお分かり頂けたかと思いますが、さらに深堀してみましょう。

例えば、男系継承の場合、民間の女性は皇室に入ることが出来ます。

例えば、藤原氏から嫁いだ『光明子(こうみょうし)』は、皇族の人間ではありませんでした。

現在の皇室に嫁がれた方々もそうです。

つまり、男系継承とは女性を受け入れる制度ということになります。

一方、男系継承の場合、民間の男性は皇室に入ることが出来ません。

皇室の血が入っていない男性は、誰であろうと皇族になることは出来ないのです。

この事実をどう捉えるかによって、女性蔑視であるかどうかも意見が分かれてくるところですね。

まとめ

以上、男系と女系の違いでした。

女性天皇に賛成か反対かという意見は様々です。

ですが、『女性天皇』は日本の歴史上にも存在しています。

そして議論の本質は『女性天皇に賛成か反対か』ではなく『女系天皇』を容認するかどうか?であることもご理解いただけたかと思います。

『男系』と『女系』、『女性天皇』と『女系天皇』。

これらの違いが分からないと、女性蔑視と感じるのは仕方ないのかもしれません。

なので、この違いが分からないまま女性天皇に賛成してしまうケースもあるかと思います。

ですが、多くの日本人が知らないまま賛成し、それがあたかも世論であるかのような情報操作が行われることに危機感も感じています。

戦後、GHQが日本を弱体化させるために、天皇と国民を切り離そうとした占領政策が、いかに影響を与えているかがよく分かります。

ちなみにこの占領政策は、日本の祝日や歴史教育にも影響を与えています。

日本人なら知っておきたい!建国記念日はいつ?由来は?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の建国記念日はいつだかご存知ですか? 建国記念は、その名の...
11月3日『文化の日』の由来や起源とは?祝日の理由を簡単に解説
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 国民の祝日である11月3日『文化の日』。 この日はなぜ祝日なのか? ...

だからこそ、議論の本質を知り、歴史を知り、その上でどう考え、どちらの立場を取るのかが大事だと思っています。

この記事が、そのための判断基準になれば嬉しいです。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。