西郷隆盛が残した最後の言葉とは?明治維新の英雄 城山に散る

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

明治維新の立役者『西郷隆盛』

彼が最期を迎えることとなった西南戦争。

その散りざまとは如何なるものだったのでしょうか?

そして、最後に発した言葉とは?

今回は、維新三傑の1人 西郷隆盛の最後に迫ります。

スポンサーリンク

西郷隆盛 城山に散る

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

西郷隆盛 最後の言葉

明治新政府に反発した元士族たちに担がれて、薩摩軍の総大将となった西郷さん。

田原坂の戦いなどで奮戦するも、徐々に劣勢となり薩摩に後退していきます。

最後は城山に籠りますが、山縣有朋が率いる新政府軍5万に包囲されます。

一方、西郷さんに残された兵力は、わずが372人。

もはやこれまでと悟った西郷さんは、酒宴を催し同志たちと最後の戦いに臨むことを誓い合います。

運命の明治10年9月24日

新政府軍の総攻撃が開始されました。

次々と倒れていく薩摩軍。

西郷さんは、主だった同志たちを集め、最後の一斉突撃を開始しました。

飛び交う銃弾の中に突っ込んでくる薩摩軍は、一人、また一人と人数を減らしていきます。

同志に自刃を進められるも、西郷さんは『まだまだ』言い放ち、勝ち目のない戦いを辞めることはありませんでした。

そして、ついに西郷さんの体を銃弾が貫きます。

腹と股に銃撃を食らった西郷さんは、すでに立ち上がることすら出来ませんでした。

西郷さんは、傍らにいた別府晋介にこう告げます。

『晋どん・・もう、ここでよか・・・』

これが西郷さんの最後の言葉になりました。

介錯を依頼された別府晋介も足を負傷していましたが、力を振り絞り抜刀。

『先生、ごめんやったもんせ・・・』

別府の刀は、西郷さんの首めがけて振り下ろされました。

西郷隆盛

享年49

日本を変えた英雄の壮絶な最期でした。

ともに散った同志たち

西郷さんが自決した際、周囲には西郷さんを慕ってともに戦った同志たちがおり、その最後を見届けていました。

介錯を頼まれた別府晋介も、その中の1人です。

『別府晋介』は介錯の後、飛び交う銃弾の中で自決。

すぐに西郷さんの後を追いました。

人斬り半次郎と呼ばれた『桐野利秋』は、西郷さんの自決を見届けた後、さらに戦闘を継続。

額を撃ち抜かれ最期を迎えました。

人斬り半次郎 桐野利秋が斬った人数は1人?西郷隆盛を慕う男の実像
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 人斬り半次郎の異名を持つ男『桐野利秋(きりの としあき)』 『...

若き頃から、西郷さんを兄として慕っていた『村田新八』

彼もまた、西郷さんの自決を見届けた後、進軍を開始。

銃弾が飛び交う中で、命を落としました。

喜界島に流された村田新八!西郷隆盛や大久保利通も認めた男
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 彼は大久保利通に次ぐ傑物なり この言葉は、勝海舟がある男を評した言葉で...

かつて、西郷さんに命を助けられた『辺見十郎太』

彼は、西郷さん自決の後、政府軍に突撃して銃弾に倒れたとも、別府晋介とともに刺し違えて自決したとも伝わっています。

このほかにも、西郷さんを慕う多くの男たちが、この戦いで最期を迎えました。

スポンサーリンク

西郷隆盛の犠牲が日本に与えたもの

こうして、日本における『武士の世』は、完全に終わりを迎えました。

西郷さん自らが作り上げた新しい日本。

その新しい日本に反感を持った旧士族たちの大将となって、明治新政府と戦うことになった西郷さん。

西郷さんが目指した新しい日本の総仕上げとして、自らが陣頭に立ち武士の世を終わらせた。

そんな感じすら覚えます。

西南戦争は、日本史上最後の内戦です。

この戦争をもって、日本は近代に向かって大きく変わっていきます。

西郷さんの犠牲は、古い日本を終わらせ、新しい日本の扉を開いた瞬間と言えるのではないかと、僕は考えています。

後に、内村鑑三が西郷さんの死を悼んで、このような言葉を残しました。

『武士の最大のもの、また最後のものが世を去った』

そんな西郷さんの人物像に迫った記事はコチラです。

西郷隆盛が人気の理由!明治維新の立役者 西郷どんのエピソード集!
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末の英雄『西郷隆盛』 出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本...

明治維新まとめはコチラ

明治維新150年記念!長州藩と薩摩藩の幕末人物エピソード
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2018年は明治維新150周年の年回り。 明治維新が日本にとっ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓歴史の本屋さん↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。