「 原文 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】

枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】

枕草子の作者『清少納言』。彼女は離婚をキッカケに宮仕えの道を志します。ところが、いざ宮仕えを始めたものの、ガチガチに緊張しまくる清少納言。枕草子 一七九段『宮にはじめてまゐりたるころ』には、そんな彼女の意外な姿が記されています。それでは、宮仕え当初の清少納言がどれほど緊張していたのか見ていくことにしましょう。

枕草子 二七〇段『人の上言ふを腹立つ人こそ』【現代語訳と原文】

枕草子 二七〇段『人の上言ふを腹立つ人こそ』【現代語訳と原文】

枕草子 二五四段は清少納言の『悪口』に対する想いが綴られた章段です。悪口大好き清少納言!そんな彼女の想う悪口とは?そして、人間の持つ不変の深層心理とは?一見すると悪口を肯定しているとんでもない章段ですが、見方を変えると実に興味深い内容となっているのです。

スポンサーリンク