枕草子 二六段『たゆまるるもの』【現代語訳と原文】

枕草子の原文と現代語訳

 

平安時代中期に書かれた枕草子。作者は清少納言

 

今回は、枕草子 二六段『たゆまるるもの』の現代語と原文、そしてこの章段の見どころを解説いたします。

 

なお『たゆまるるもの』とは現代風に言いますと、『怠けてしまうもの』と言った意味になります。

 

今からおよそ千年前の平安時代中期、清少納言は一体何を怠けていたのでしょうか?

 

なお原文から確認したい方は、下の方にスクロールをお願い致します。

 

 

※枕草子の章段には諸説あることをご了承ください。

 

 

スポンサーリンク

現代版枕草子 26話 ~怠けがちになるもの~

 

わたくし、清少納言が思う『怠けがちになるもの』。

 

①精進の日のお勤め

 

②期日まで余裕がある準備期間。

 

③長期間、寺に籠っている時

 

 

枕草子 二四段の個人的解釈

この二四段は非常に短い章段となっています。ですが、その内容は現代人でも納得できる面白い章段です。では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

①精進の日のお勤め

まずは『精進の日のお勤め』。

 

ここで清少納言が言っている『精進』とは『仏道修行』のこと。つまり清少納言は、お寺で修行していると、ついつい気が緩んで怠ける事があると言っています。

 

清少納言の言わんとしている事を代弁してみましょう。

 

『仏様のありがたい教えに従い精進している時は、常に緊張感を持って臨んでいる。しかし、緊張しすぎたことが逆効果となり、すぐに緊張の糸が切れてしまう』

 

現代でも、気合が入り過ぎると、その熱がすぐに冷めてしまうことってありますよね。

 

『よし!!頑張るぞ!!』と、事に臨んだものの、すぐに飽きてしまった。

 

清少納言は、このように言っているのです。

 

 

②期日まで余裕のある準備期間

次は『期日まで余裕のある準備期間』。これは、もう説明不要なくらい現代人でも納得の内容ですね。

 

夏休みの宿題、テスト勉強、会社の提出書類・・・

 

『まだ一か月先か・・後でいいや』などと余裕をこいていたら、いつの間にやら期日ギリギリ。

 

誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

なお、清少納言は一体何の準備を怠けていたのか?ちょっと考えてみた記事がこちらになります。

枕草子 二六段『たゆまるるもの』簡単解説!清少納言も怠けていた余裕のある準備
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 世界最古の女流随筆集『枕草子』。作者はご存知、清少納言。 このエッセイの中には、現代人が共感できる面白い内容がたくさん記され...

 

 

③長期間、寺に籠っている時

最後は、これ。

 

清少納言は、『寺に籠る』という表現を使っているのでちょっと分かりにくいのですが、実はものすごく単純なことを言っています。

 

長時間にわたる出来事は、人間だれしも途中で嫌になりますね。

 

清少納言は、何かをするとき長時間すぎると、途中で気が緩んで怠けてしまうと言っているんですね。

 

まとめ

いかがだったしょうか。これが枕草子 二四段『たゆまるるもの』です。

 

清少納言は三つのことを挙げていますが、どれも理解できるような気がしませんか?

 

今も昔も、人間の心理は何も変わっていないんですね。

 

 

もっと枕草子の世界を覗いてみたい方は、こちらからお好みの記事をご覧ください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
このページは、枕草子WEB辞典です。内容は日々更新していきます。 枕草子で気になる事に是非お役立てください。 枕草子WEB辞典 枕草子の登場人物 作者 清少納言 清少納言の生涯を知りたい方は...

 

以下、『たゆまるるもの』の原文です。一行しかありませんけどね。

 

では今回はこの辺で。ありがとうございました。

 

 

【原文】 枕草子 二六段『たゆまるるもの』

精進の日の行ひ。遠き急ぎ。寺に久しく籠りたる。