日本神話 美人な神様ベスト3!古事記なんでもランキング

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

古事記にたくさん登場する日本の神様。

この中で最高の美人の神様は誰なのか?

個人的な主観も基づき、神話の始まるところから神武東征の前まで範囲で、ベスト3を決めてみたいと思います。

スポンサーリンク

日本神話 美人な神様ベスト3

3位 木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)

3位は『コノハナノサクヤビメ』です。

天照大御神の孫で、いわゆる天孫降臨で地上世界に降り立った『ニニギノミコト』がベタ惚れした女神様です。

名前からして可憐で麗しいイメージを抱かせます。

『オオヤマツミ』という山の神様の娘で、ニニギノミコトは一目惚れしています。

ニニギノミコトとコノハナノサクヤビメは、出会って間もなく結婚し、すぐに子供を授かっています。(なおニニギは初代 神武天皇の曽祖父にあたります)

一目惚れ→速攻で結婚→すぐ妊娠、というスピード感ある展開になっていますので、それだけニニギを夢中にさせる美人だったということでしょう。

なお、コノハナノサクヤビメには、とても『石長比売(イワナガヒメ)』というとても不細工な姉がいます。

2位 櫛名田比売(クシナダヒメ)

2位は『クシナダヒメ』です。

スサノオが高天原を追放され、出雲の地に降り立った際、最初に出会った地上の女神様(国津神)です。

クシナダヒメは『アシナヅチ』と『テナヅチ』という老夫妻の娘で、もとは八人姉妹だったのですが、毎年ヤマタノオロチが一人ずつ食べてしまい、残るのはクシナダヒメだけになっていました。

そんな中、今年もヤマタノオロチがやってくるということで、親子で悲しんでいたところに、スサノオが現れクシナダヒメと出会います。

この時にスサノオがクシナダヒメに一目惚れして、自分が何者なのかを名乗ってもいないのにいきなり求婚を迫ります。

そして、クシナダヒメを妻にして、ヤマタノオロチとの決戦に挑むのです。

出会いがしらの求婚、クシナダヒメとの結婚を力の源にしてヤマタノオロチとの決戦を決意させたという逸話。

これはクシナダヒメが相当な美人だったから、スサノオがコロッと落とされてしまったとか考えられません。

ということで、2位は荒々しい神 スサノオを一発で惚れさせた『クシナダヒメ』がランク入りです。

1位 八上比売(ヤガミヒメ)

1位は『ヤガミヒメ』です。

出雲の国譲り神話で有名な『大国主(オオクニヌシ)』の奥さんです。

ヤガミヒメは『因幡の白兎』神話に登場する女神さまで、かなり壮絶な経緯を辿りオオクニヌシと結ばれています。

オオクニヌシは兄弟の末っ子で、たくさんの兄がおり、いつもこき使われていました。

具体的に何人の兄がいたのかは不明ですが、『八十神(やそがみ)』と表記されていることから、相当数の兄がいたことが分かります。

古代における『八』という数字は、大きいものや、数の多いものに使われる比喩表現なのです。

そんなたくさんのオオクニヌシの兄貴たち全員がヤガミヒメに惚れており、結婚しようとしていました。

ところがヤガミヒメは末っ子でパッとしないオオクニヌシを選んでしまったものだから、兄たちから恨みを買うことになってしまったのです。

そして、オオクニヌシは兄たちの執拗な嫌がらせに合い、2度に渡り命を落としています。

(2回亡くなったが、神や母の霊力で蘇生している)

それでも兄たちの恨みはエスカレートする一方で、最終的にはオオクニヌシが現在の鳥取県から和歌山県まで逃亡しました。

それだけの人数に惚れられていて、求婚まで考えられていただけでも凄いのに、オオクニヌシに対する行き過ぎた恨みをも抱かせた『ヤガミヒメ』。

人間に例えるならば、まさに魔性の女。

そんなヤガミヒメは、日本神話における最も美しい女神と言えるのではないでしょうか。

まとめ

以上、日本神話の美人神様ベスト3でした。

1位 八上比売(ヤガミヒメ)

2位 櫛名田比売(クシナダヒメ)

3位 木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)

個人的な主観で選んでみましたがいかがでしょうか。

日本神話の美人な神様。

あなたは、どんな神様を選びますか。

日本神話の最強神様ベスト3はコチラです。

日本神話 最強の神様ベスト3!古事記なんでもランキング
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 古事記にたくさん登場する日本の神様。 この中で最強の神様は誰なのか? ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓濃姫(帰蝶)特集!↓
あなたの歴史知識を発信しませんか?

↓あなたの歴史知識を発信しませんか?↓

↓歴史の本屋さん↓

↓あの人の顔を3D復元!↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。