日本神話に描かれる誓約とは?暴れるスサノオと引きこもるアマテラス

ご来訪ありがとうございます。

『若者にこそ日本神話を知ってほしい』拓麻呂です!

楽しい日本の神話。以前は三貴子の誕生を見てきました。

日本神話の有名神!アマテラス、ツクヨミ、スサノオ『三貴子』誕生の瞬間
天照大御神、月読命、須佐之男命。この三柱の神様は三貴子と呼ばれ、日本神話における大変重要な神様とされています。では日本神話が語る三貴子誕生の瞬間とはどのような物語なのでしょうか?古事記に記された三貴子誕生の瞬間に迫ってみましょう。

今回は天照大御神と須佐之男命の物語。日本神話の中でも最も有名な『アマテラスの天の岩戸隠れ』、『スサノオのヤマタノオロチ退治』へと繋がるお話です。

では行ってみましょう。

スポンサーリンク

~アマテラスとスサノオの物語~

いきなり追放されるスサノオ

イザナキの鼻から誕生したスサノオ。彼はイザナキに海原を治めるよう命じられます。ところがスサノオは泣いてばかりで、海を治める気配を見せません。

スサノオが大泣きするたびに天変地異が起こり、災いが降り注ぎました。

見かねたイザナキはスサノオを問い正します。

「なんでそんなに泣いてばかりいるのだっ!!」

すると、スサノオはこう答えます。

「僕は無き母(イザナミ)に会いたいのです。だから泣いているのです」

これを聞いたイザナキは、スサノオには海を治める資格がないと思ったのでしょうか。大変お怒りになり、スサノオを高天原(神様の住む天上世界)から追い出してしまいました。

このようにしてスサノオは登場した途端、追放されるという悲劇に見舞われました・・・。

さっそく戻ってきたスサノオ

追放されたスサノオ。

彼は立ち去る前に、姉であるアマテラスに挨拶しておこうと高天原に戻ってきました。(そんな簡単に戻って来られるんスね・・・)

スサノオの心はたいそう荒ぶっていたので、歩くたびに山、川、大地が揺れ動きました。

この事態に驚いたアマテラスは、スサノオが攻め込んでくるものと思い、完全武装し臨戦態勢で待ち受けます。

対峙するアマテラスとスサノオ。

「何しに来たっ?」

アマテラスは完全に戦闘態勢です。

そんなアマテラスに対し、スサノオはこう答えます。

「僕に邪心はありません。最後のご挨拶をと思い、こうして参上したのです」

しかし、アマテラスは信用しません。

「ならば誓約(うけい)で、決着をつけましょう」

誓約とは

ここで、ちょいと小難しい話です。アマテラスが提案した『誓約(うけい)』とはなんなのでしょうか?

簡単に言うと、決められた通りの結果がでるかどうかの占いです。

現代で例えるなら、『おみくじ』が誓約にあたります。

例えば初詣でおみくじで引いた時に大吉だったとします。これは、今年一年いい年になるのではなく、現在進行形で良い運勢が巡ってきているから大吉を引くべくして引いたのです。

つまり、おみくじとは大吉であれ凶であれ、最初から何を引くか決まっているのです。

これが誓約の考え方であり、おみくじの本質です。

この後、アマテラスとスサノオはある勝負を行います。つまりこの誓約は、スサノオに邪心が無ければ最初から勝利が決定しており、アマテラスが勝利した場合、スサノオに邪心あがるということになります。

ちょっとわかりづらいですかね??説明下手でゴメンナサイ・・・

アマテラスvsスサノオ

いよいよ勝負開始です。アマテラスとスサノオは天の安の河を挟んで対峙します。

先攻はアマテラス。

彼女はスサノオが腰に帯びていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜き取り三つに打ち折り、口に入れ噛み砕きました!!そして口から霧のように吹き出したのです。するとその霧の中から三柱の女神様が成りました。

後攻はスサノオ。

彼はアマテラスが髪や腕に付けていた勾玉をもぎ取り、口に入れ噛み砕きました!!そして口から霧のように吹き出したのです。するとその霧の中から五柱の男神様が成りました。

勝者スサノオ?敗者アマテラス?

なおこの勝負はどちらが勝ったのかよくわかりませんが、物語の展開上スサノオが勝利したことになっています。彼の言い分はこうです。

『自分の心が清いから女神様が生まれたんだ。だから僕の勝ちだ!!』

なんと無茶苦茶な理由でしょうか。全く説得力がありませんが、ともかくもスサノオは勝利し邪心の無いことが証明されたのです!!

この勝利に気分を良くしたスサノオは、調子にのって暴れ始めます。田んぼの畔を破壊し、神聖なるご殿に糞をまき散らしたのです。

ところが敗者のアマテラスは彼の行為を咎めることなく、逆にスサノオを庇うのです。

『彼は酔っぱらっていたんですよ。田んぼを壊したのも土地が惜しいと思ったからでしょう』

そんな姉の優しさを裏切り、スサノオの悪ふざけは、さらにエスカレートしていきます。

調子にのりすぎたスサノオとヘソを曲げたアマテラス

調子に乗りすぎたスサノオは、とんでもない事をしでかします。

アマテラスが営む機織り小屋の天井に穴を開け、屋根の上から皮を剥いだ馬を投げ入れたのです。

機織り小屋で働く一柱の女神様は、落っこちてきた馬に驚きすぎて亡くなってしまいました。

この行為には、さすがのアマテラスも堪忍袋の緒が切れました。完全にスネてしまった彼女は、天の岩屋戸という洞窟に引きこもってしまったのです。

日本史上初の鬱による引きこもりです。

太陽の女神様であるアマテラス様が隠れてしまったことにより、あたりは真っ暗な闇に閉ざされてしまったのです・・・。

スポンサーリンク

この後が有名な日本神話のお話です

この後に、日本神話を代表する有名な物語が展開されます。

引きこもってしまったアマテラス様を引っ張り出すため八百万の神々は試行錯誤して、どんちゃん騒ぎを繰り広げます。これが『天の岩戸隠れ』の物語。

天照大御神様の引きこもり!日本神話が語るアマテラス様と太陽信仰
ご来訪ありがとうございます。 『若者にこそ日本神話を知ってほしい』拓麻呂です! 八百万の神(やおよろずの...

地上世界に追い出されたスサノオは、とある出会いをきっかけにヤマタノオロチとの決戦に臨みます。

クシナダ姫を救え!スサノオvsヤマタノオロチ!古事記に記された日本神話
ご来訪ありがとうございます。 『若者にこそ日本神話を知ってほしい』拓麻呂です! アマテラスとの誓約に勝利し、調子...

是非、古事記を手に取り、日本神話に親しんでみてください。

誓約で成った神様

実は今回の誓約で誕生した神様の中に、非常に重要な神様がいます。

その神様とは『アメノオシホミミノミコト』。この神様の息子が天孫降臨で地上世界に降りてくる『ニニギノミコト』。そして、ニニギノミコトのひ孫が初代 神武天皇です。

天孫降臨はまだ先のお話ですが、この段階から現代まで繋がる日本の歴史は始まっているのです。

神話から連続性のある日本の歴史は、世界的に見ても非常に珍しいのです。

とは言え、やっぱり神話は神話。日本人が楽しめるひとつの物語として神話に触れることが大事だと僕は考えています。

日本神話とは、どんな物語なのか?気になる方はこちらにご入場ください。

現存する世界最古の国『日本』を知ろう!!神話のこと!日本のこと
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂でございます。 未来を担う日本の若者たち。 少子化が叫ばれる現代だから...

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。