大久保利通が愛した『おゆう』とは?大久保と第二の妻の関係

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

西郷隆盛と並び、維新三傑の一人に数えられる『大久保利通』には、『満寿子』という正妻がいましたが、第二の妻とも呼べる女性の存在がありました。

その女性の名は『杉浦勇(すぎうら ゆう)』

『おゆう』の名で知られています。

あまり知名度の無い『おゆう』ですが、一体どのような女性だったのでしょうか?

また大久保利通とは、どのような関係だったのでしょうか?

今回は、大久保が愛した芸妓『おゆう』に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

妖艶なる芸妓『おゆう』

おゆうの出自と大久保との出会い

おゆうは、京都の祇園 お茶屋一力亭というお店の9代目『杉浦治郎右衛門』という人物の娘とも言われていますが、ハッキリしたことは分かっていません。

京都祇園の芸妓(芸子)であったとされ、大久保利通が京都で活躍するようになってから出会っています。

大久保の活動拠点が京都に移り、宴の席などでお店に通う中で、おゆうとの仲を深めていったのかもしれません。

故郷 薩摩の地には『満寿子(ますこ)』という正妻がいたので、おゆうは妾のような存在であったと思われます。

おゆうと大久保の子供

大久保利通は、正妻『満寿子』との間に四男一女を授かっていますが、おゆうとの間にも四人の男児を授かっています

なので大久保は計八男一女の子供がいたことになります。

おゆうが生んだ子供たちの名は・・

四男・大久保利夫

六男・大久保駿熊

七男・大久保七熊

八男・大久保利賢

です。

なお、四男・利夫と六男・駿熊は、おゆうより先に亡くなったと伝わっています。

大久保のおゆうへの想い

おゆうと大久保利通にまつわる、こんなエピソードが残っています。

戊辰戦争の発端となった『鳥羽・伏見の戦い』

この戦いで、大久保利通が属する薩摩軍に錦の御旗が翻ります。

錦の御旗とは、天皇から官軍と認められた証。

なので、薩摩軍と敵対していた旧幕府軍は朝敵となります。

つまり錦の御旗とは、薩摩軍にとっては旧幕府軍を倒す正当性の証となる、とても大事なものです。

この錦の御旗ですが、大久保利通たちが朝廷の許可を得て、複製したものだったそうです。

この、錦の御旗複製の生地を大久保利通が調達したのですが、その際に『おゆうの帯を作る』といって生地を買い占めていたそうです。

また、大久保の手紙にも、おゆうの名がたびたび登場しています。

大久保にとって、おゆうはとても大事な存在であったことが窺えます。

おゆうは、大正7年(西暦1918)年に亡くなりました。

大久保利通が、紀尾井坂の変で凶刃に倒れてから約40年後のことでした。

大久保利通が愛した女性

大久保利通と言うと、周囲の意見を聞かない堅物のようなイメージがあります。

そんな大久保が、明治維新に至る最中で愛した女性『おゆう』は、とっても魅力的な妖艶さを持っていたような印象を受けます。

史料が少なく、実像が掴みにくいおゆうですが、明治維新の立役者『大久保利通』を支えた女性として、とっても存在感のある女性だったのかなと思います。

おゆうを愛した大久保利通の記事はコチラです。

明治維新最大の功労者は大久保利通!その性格と暗殺された理由
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末の英雄といえば、坂本龍馬、西郷隆盛、高杉晋作・・・ 『好きな歴史上...
西郷隆盛と大久保利通は本当に親友だったのか?二人の仲と関係に迫る
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末の薩摩が生んだ二人の英雄。 一人は『西郷隆盛』 一人...

幕末や明治維新を、もっと知りたい方はコチラ

明治維新150年記念!長州藩と薩摩藩の幕末人物エピソード
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2018年は明治維新150周年の年回り。 明治維新が日本にとっ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。