スセリビメとはどんな神様?スサノオやオオクニヌシとの関係を家系図で解説

日本神話

「須勢理毘売/須勢理毘売命(スセリビメ)」という女神様をご存じでしょうか?

そこまで有名な神様ではないかもしれませんが、「建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト/以下スサノオ)」「大国主神(オオクニヌシノカミ/以下オオクニヌシ)」といった、古事記でとても重要な神様たちと深い関わりを持った女神様なのです。

 

この記事では、そんな「スセリビメ」の、

プロフィールや家系図(スサノオやオオクニヌシとの関係)
登場する神話
神様としての性質(神格)

などをお伝えしていきます。ぜひ参考になさってください。

 

スポンサーリンク

スセリビメのプロフィール

スセリビメのプロフィール

【神名】
須勢理毘売命、須勢理毘売、須世理毘売
など

【神格】
勢いの女神

【家族構成】
父:スサノオ、夫:オオクニヌシ

【お祀りしている主な神社】
國魂神社(福島県)、由良比女神社(島根県)、備中国総社宮(岡山県)など

【略伝】
スサノオの娘でオオクニヌシの正妻。父スサノオの「スサ」が「荒ぶ(すさぶ)」という意味を持っており、スセリビメ自身も「スセリ」には「進む」の意味があるため、父とともに「威勢の良さ」を象徴する神様として知られています。また、勢いの女神であるとともに、非常に嫉妬深い女神でもあるとされています。

 

ヒロイン度:★★★★☆☆
オオクニヌシの正妻という立場であるためヒロイン的な立場ではあるが、他の有名な女神たちに比べるとややヒロイン度は低いように思われる。

サポート力:★★★★★★
スサノオに試練を与えられたオオクニヌシに対し、試練を切り抜ける為の助言を与えた。そしてオオクニヌシは見事に試練を乗り越えていることから、スセルビメのサポート力はかなり高い。

登場頻度:★★☆☆☆☆
ほぼオオクニヌシがスサノオの元を訪れた時にしか出てこないため、登場頻度は決して多くはない。

知名度:★★☆☆☆☆
夫のオオクニヌシの知名度が高いため、その正妻であるスセリビメも知られていなくはないが、決して知名度は高くないと感じる。

嫉妬深さ:★★★★★★
古事記には、夫のオオクニヌシの女性関係に対し嫉妬する場面がある。この逸話から「嫉妬深い女神」とも称される。

美しさ:★★★★★☆
オオクニヌシが一目惚れしていることから、美しい女神様であったと思われる。

 

スセリビメの家系図

続いてスセリビメの家系図をご紹介します。

スセリビメはスサノオの実の娘にあたりますが、母親に関しては古事記に書かれていないため不明です。一方、スセリビメの夫となるオオクニヌシは、スサノオから見て6世を隔てた子孫(6世孫)となるため、スセリビメとオオクニヌシは一応血縁関係ではあるのです。

 

随分世代が違うと感じるかもしれませんが、スセリビメもオオクニヌシも神様なので年齢の概念が無いのでしょう。

 

また、スセリビメとオオクニヌシの子供に関しても、古事記には記述がありません。

 

スセリビメの神話

古事記の中でスセリビメが登場する神話は、『スサノオがオオクニヌシに試練を与える場面』です。

この神話を簡単に言うと、「スサノオがオオクニヌシに嫌がらせをするお話」なのですが、スサノオとしては「オオクニヌシが娘のスセリビメに相応しい男であるかどうかを確かめるための試練だった」と捉えることもできるでしょう。

 

以下、その神話を簡単にお伝えします。

とある一人の女性を巡り、兄たちに命を狙われていたオオクニヌシ

オオクニヌシの母は息子を案じ、スサノオのいる根之堅洲国(ねのかたすくに)に逃げるよう促しました。

 

母の言いつけ通り根之堅洲国にやってきたオオクニヌシ。根之堅洲国でスサノオの娘スセリビメと出会い惹かれ合います。

早速スセリビメは、

女神イメージ
スセリビメ

とても素敵な殿方と出会いました!

と、父スサノオに報告します。

 

するとスサノオはオオクニヌシを呼び出し、蛇がうじゃうじゃいる部屋で一晩過ごすように命じました。

そこでスセリビメは、蛇に襲われない方法をオオクニヌシにこっそりと教えました。

オオクニヌシがその方法を試すと、呪力によって蛇は大人しくなり、その晩はぐっすりと眠ることができました。

 

そして翌日、今度はムカデとハチがたくさんいる部屋に放り込まれたオオクニヌシ。

ここでもスセリビメの助言により、無事に一晩乗り切ることができました。

 

しかし、スサノオの試練はまだ続きます。

スサノオは野原に矢を放ち、それを取ってくるようオオクニヌシに命じます。

言いつけに従い、矢を拾いに行ったオオクニヌシ。

するとスサノオが野原に火を放ちました。

 

燃え盛る火炎に取り囲まれたオオクニヌシは絶体絶命です。

しかし、ここで1匹のネズミが現れオオクニヌシにこう言いました。

ねずみ
ねずみ

地面を踏んでごらん

 

オオクニヌシがネズミに言われた通りにしてみると地面に穴があき、その穴の中で火が収まるまでやり過ごすことができたのです。

さらにネズミはスサノオが放った矢を持ってきて、オオクニヌシに渡しました。

 

焼け野原になった光景を見たスサノオとスセリビメは、オオクニヌシは焼死したと思いました。

たいそう悲しみ、葬式の準備を始めるスセリビメ。

ところが、矢を拾ってきたオオクニヌシが無事に帰還したのです。

 

その後もまだまだスサノオの試練は続きます。

スサノオはオオクニヌシを家に招き、

スサノオ
スサノオ

俺の頭のシラミと取ってくれ

と、オオクニヌシに命じました。

 

またまた素直に従い、オオクニヌシはスサノオの頭に近づいてみました。

ところが、スサノオの髪の毛にくっついていたのはシラミではなくムカデだったのです。

 

ここでスセリビメが一計を案じ、

女神イメージ
スセリビメ

木の実をプチっと噛んで吐き出せば、きっとムカデを噛み殺していると勘違いしてくれるはずです!

と助言しました。

 

オオクニヌシがスセリビメに言われた通りにすると、スサノオはオオクニヌシの好意に感心し、気持ち良くなってそのまま寝てしまいました。

 

この隙をつき、オオクニヌシはスサノオの髪を柱に縛り付け、太刀と弓矢と琴を持ち、スセリビメを背負って逃げ出しました。

しかし、琴の弦が木の枝に引っかかってしまい大きな音が鳴り響いてしまったのです。

 

この音で目覚めたスサノオは、オオクニヌシとスセリビメを追いかけようとしましたが、髪が柱に縛られていたため、その場から動くことができません。

髪がほどけないまま力任せに家を引きずり倒し、遠ざかっていくオオクニヌシにスサノオはこう叫びました。

スサノオ
スサノオ

その太刀と弓矢で、お前を殺そうとした兄たちを倒せ!!そしてスセリビメを妻に迎え、出雲の地に壮大な宮殿を建てろ!!

こうしてオオクニヌシは、スセリビメとの結婚を認められ、兄たちを倒し、立派な国を作っていくことになるのです。

このように、スセリビメはオオクニヌシに何度も助け舟を出し、二神は見事に結ばれることとなったのでした。

 

惚れた男と一緒になるため、オオクニヌシ何度も助け、最後には二人で逃げ出すようにスサノオの元から去っていったスセリビメ。

まさに、己の意志のままに威勢よく飛び出していった様は「勢いの良い女神」としての神格を表しているのではないでしょうか。

 

嫉妬するスセリビメ

スセリビメが登場する神話は上記で紹介したものがほとんどなのですが、その後も少しだけ登場シーンがあるのでご紹介します。

 

夫のオオクニヌシは国を治めていくために各地へ遠征し、その土地の女性たちとも交流していきました。これには政略結婚としての意味合いもあったのでしょう。

しかし、国元に残されてオオクニヌシを待っていたスセリビメにしてみれば、たまったものではありません。

 

ある日、出征しようとするオオクニヌシは、とても恨めしそうにしているスセリビメに気付きます。

この時に、スサノオとスセリビメは愛の歌を贈り合い、お互いの気持ちを確かめ合ったのでした。

 

スポンサーリンク
 

スセリビメのまとめ

以上、オオクニヌシの正妻「スセリビメ」についてご紹介しました。

 

愛するオオクニヌシとともに、己の意志のままに威勢よく飛び出していったスセリビメ。そして、オオクニヌシの女性関係に対し嫉妬心を隠し切れなかったスセリビメ。

まさに父スサノオ譲りの「威勢の良い女神」であり、「嫉妬深い女神」といえるのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

日本神話は、クシナダヒメ以外にも魅力的な神様たちで溢れかえっています。ぜひ今まで以上に日本神話に触れて楽しんで頂ければと想います。

古事記・日本の神話
ここでは当ブログの中でも特におすすめの「古事記・日本神話」関連の記事をご紹介します。神様ごとの特徴を円グラフにしたり家系図を用いたりしながら、初心者の方でも入門用としてお読みいただけますので、ぜひご覧になってみてください。