枕草子 現代語訳!夏は〇〇?清少納言が感じた夏の情景とは?

枕草子のこと

『春はあけぼの』で有名な清少納言の枕草子。

 

その始まりは、春はあけぼのから始まる、清少納言が感じた趣ある春の情景から筆を起こしています。

春は曙。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこし明かりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる

有名な枕草子の冒頭部分ですね。

 

この後に、清少納言は夏の趣ある情景を綴っていくのですが、その内容はどうなっているのでしょうか?意外と知られていない『春はあけぼの』の次に書かれた夏の情景を見て行くことにしましょう。

 

スポンサーリンク

『枕草子』夏の情景

清少納言が趣を感じた春の情景が『春はあけぼの』。これは『春の明け方は趣がある』という意味です。

 

では、夏はどうなっているのでしょうか。枕草子の原文を見てみましょう。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがいたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くも、をかし。雨など降るも、をかし

 

清少納言は春の明け方に趣を感じましたが、夏は夜に趣を感じました。では、夏の夜はどのように趣があるのでしょうか?現代風にした内容を見てみましょう。

夏は夜が趣がある。

月が浮かぶ夜は当然風情がある。

しかし、月明かりもなく闇に閉ざされた夜も良い。

漆黒の闇に見えるのは飛び交う蛍の光。

沢山飛び交っている光も良いし、一匹、二匹だけの光も趣がある。

雨など降っている時も、また風情がある。

このように『夏の夜』に趣を感じています。

 

月明かりに照らされる夜の情景。月明かりが無くとも、目の前に飛び交う蛍の光。雨音が聞こえてくる、ちょっと蒸し暑い夏の夜。

 

電気なんて無かった平安時代の夜には、とっても幻想的な夜だったに違いありません。

これが清少納言の感じた夏の趣あるワンシーンなのでした。

 

秋と冬は?

なお、この後に秋と冬の情景が書かれています。春、夏、秋、冬の四季の情景を綴ったものをひっくるめて、枕草子一段になります。

 

せっかくなので秋と冬の情景も見てみましょう。まずは秋の原文から。

秋は夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近こうなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた、言ふべきにあらず

 

以下、現代語です。

秋は夕暮れが趣がある。

遠くに見える山の稜線に日が沈みかけている。

夕日に染まった空を飛ぶのは、寝床に帰る烏の姿。

実に趣がある。

空を飛ぶ雁(かり)の群れが小さくなっていくのも、また趣がある。

日が沈み、風の音や虫の鳴き声が聞こえるのも良い。

 

続いて冬の情景。

冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃火桶の火も白き灰がちになりて、わろし

 

冬の現代語です。

冬は早朝が趣がある。

雪の降る日はもちろん風情がある。

白い霜が降りている日ももちろんのこと。

とっても寒い日の朝。

火を起こすため、大急ぎで炭を運んでいる光景も趣がある。

でも、昼間になって燃え尽きた白い炭がほったらかしになっているのは、ちょっとだらしない。

 

秋と冬に関しての詳しい解説もしていますので、以下からご覧になってみてください。

枕草子一段の秋の意味・原文を解説!清少納言が見た秋の『をかし』
...
原文あり!清少納言の枕草子 現代語訳!冬はつとめて?わろし?
...

 

清少納言の着眼点

以上が、枕草子の『夏(秋、冬)』の情景です。

 

一般的に四季の情景を感じるのは、『春は桜』、『夏は海』、『秋は紅葉』、『冬は雪』・・・こんな感じではないでしょうか。

 

しかし清少納言は違いました。

 

それぞれの季節が見せる一瞬の情景に四季の風情を見出す。

 

こういった独特の着眼点が、枕草子の面白さであり、清少納言の豊かな感受性なのかなと感じます。

 

 

枕草子全段の原文と現代語はコチラの一冊がオススメです。