戦国時代ランキング!壮絶な最期を遂げた戦国武将ベスト3

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

日本全国が戦乱の世となった戦国時代。

中央政府が機能しなくなった為、この時代には全国各地で魅力的な人物が誕生し、多くの人物が戦場に散っていきました。

今回は、そんな戦国時代でも、特に壮絶な最期を迎えた人物を、独断と偏見で3人選び、ランキング形式でご紹介してみようと思います。

※今回ご紹介するランキングは個人的な見解になります。また、その最後は諸説あることも、ご了承ください。

スポンサーリンク

壮絶な最期を遂げた戦国武将ベスト3

第3位 松永久秀

3位はこの人、松永久秀です。

元々は、一時、畿内制していた三好長慶(みよし ながよし)の家臣で、織田信長は『常人では絶対に出来ない悪事を3つも実行した人物』と評しています。

(3つの悪事とは、三好家の乗っ取り、将軍暗殺、東大寺大仏殿の焼き討ち)

また、斎藤道三、宇喜多直家と並び『戦国三大梟雄』の一人にも数えられています。

織田信長の台頭後は、織田家に臣従したり裏切ったりを繰り返していましたが、それでも生き残っているので、信長から非常に気に入られていたのではないかとも言われています。

そんな久秀が、壮絶な最後を迎えることになります。

信長に背いた為、久秀の居城『信貴山城』を包囲します。

信貴山城に立てこもっていた久秀の傍らには、『平蜘蛛(ひらぐも)』と呼ばれた茶釜がありました。

平蜘蛛は、当代きっての名器とされ、茶器愛好家でもあった信長は、平蜘蛛を城外へ出し、自信の手渡すよう命じます。

しかし、久秀は応じませんでした。

自身の頭にお灸をすえ、平蜘蛛に大量の火薬を詰めこんだ久秀は天守に火を放ちます。

すると・・・

もはや爆薬と化した平蜘蛛は大爆発。

久秀は名器 平蜘蛛とともに、信貴山城の天守閣もろとも吹っ飛びました。

松永久秀の人物像と壮絶な最期!名茶器 平蜘蛛とともに大爆死
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将『松永久秀』。 もともとは畿内を制した三好長慶(みよし...

第2位 足利義輝

2位はこの人、室町幕府13代将軍 足利義輝です。

実はこの人、前述の松永久秀の三大悪事のひとつ『将軍暗殺』の犠牲となった人物です。

松永久秀の主君が三好長慶、そして三好長慶も元々は足利将軍家の家臣です。

義輝は、戦国時代を代表する大剣豪『塚原卜伝(つかはら ぼくでん)』に剣術を学んだとも言われる剣の達人で、『剣豪将軍』とも呼ばれています。

応仁の乱に始まる幕府権威の失墜により、三好長慶の台頭を許した足利将軍家は、たびたび京を追われていました。

しかし義輝は不屈の闘志を持って、京都への復帰を目指し、なんども京を追われたり復帰したりを繰り返しています。

やがて、三好長慶が病で世を去り、三好家の実験を松永久秀が握ります。

そんな久秀にとって、将軍権威の復活を目指す義輝は邪魔な存在。

久秀は息子の『松永久通』と三好三人衆を中心とした軍勢を、義輝の居る二条御所に差し向けます。

強襲された二条御所。

大勢の兵士が義輝に襲い掛かります。

しかし、義輝は『塚原卜伝(つかはら ぼくでん)』から剣術を学んだ剣豪将軍。

襲い来る松永軍を次々を切り伏せて行きます。

床に何本もの刀を突き刺し、血や油で刀の切れ味が落ちる度、床から刀を抜いて応戦し、驚異的な強さを発揮したと伝わっています。

鬼のような強さを見せる義輝の剣技に対し、松永軍は畳と盾にして義輝に突撃。

押し倒された義輝は畳の下敷きにり、松永軍は畳の上から義輝を四方八方から串刺しにしました。

なお、足利義輝の詳細記事はコチラをご覧ください。

最強の将軍 足利義輝!凶刃に散った剣豪将軍の壮絶な最期とは?
ご来訪ありがとうございまし。 拓麻呂です。 戦国時代の真っただ中、剣の道を極めた1人の将軍がいました。 室...

第1位 山県昌景

そして1位はこの人、武田信玄を支えた猛将 山県昌景景です。

武田四天王(四名臣)の一角を担い、甲冑は真っ赤に染め抜いた『赤備え』の舞台を率い戦場を駆け巡った昌景。

1573年の三方ヶ原の戦いでは、徳川家康を完膚なきまでに叩き潰した原動力にもなっています。

信玄亡き後、後を継いだ武田勝頼と、織田信長、徳川家康連合軍が激突した『長篠の戦い』

この戦いで昌景は壮絶な最期を迎えることとなります。

昌景を始め、武田信玄と共に幾多の戦場を駆け巡ってきた歴戦の勇士たち。

彼らはこの戦いの危うさを感じ取り、主君である勝頼に戦を回避するよう説得したと言われています。

しかし、勝頼には受け入れられませんでした。

やむなく昌景率いる真紅の部隊は突撃を開始。

ところが織田、徳川連合軍は馬防柵(ばぼうさく)を自軍の前に張り巡らし迎え撃ちます。

この時織田軍が繰り出した戦法が、世に名高い三段撃ちです。

間断なく浴びせられる一斉射撃の前に次々と倒れていく武田軍。

止むことのない三段撃ち。次々と倒れていく歴戦の勇士たち。

昌景率いる真紅の部隊も例外ではありませんでした。

鬼の形相で采配を振るう馬上の昌景。

その時、一斉射撃が昌景を襲います。・・・彼の両腕は被弾し、満足に動かせなくなっていました。

しかし、昌景は最後の気力を振り絞り、采配を口にくわえ指揮を取り始めました。

その瞬間、織田徳川連合軍の一斉射撃が、再び昌景を襲いました。

赤備えの名将 山県昌景・・・真紅の鎧に身を包んだ歴戦の勇士は戦場の露と消えました。

なお、山県昌景の詳細はコチラをご覧ください。

山県昌景 ~赤備えの騎馬軍団!!武田信玄を支えた男心を刺激する真紅の部隊~
戦場を駆け抜ける真紅の騎馬軍団!もうそれだけでカッコいい!!そんなカッコいい部隊を率いた男『山県昌景』。武田信玄が誇るその屈強な部隊は、真紅の甲冑を身に着け戦国時代を駆け抜けました。男子ならば、このカッコよさが分かるはず!今回は、赤備え 山県昌景のカッコいい武勇伝を見ていくことにしましょう。

まとめ

以上、壮絶な最期を迎えた戦国武将ベスト3でした。

多くの武将たちが志半ばで散っていった戦国時代。

そんな中でも、特に凄まじい最期を迎えた三人の人物。

1位 山県昌景

2位 足利義輝

3位 松永久秀

ちなみに・・

4位 高橋紹運

5位 大谷吉継

きっと戦国ファンそれぞれの想いもあることと思います。

『壮絶な最期を迎えた戦国武将』

あなたは、誰を選びますか?

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。 中央...

戦国武将をいろいろな角度でランキングにしてみました。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の歴史の中でも人気の戦国時代。 この時代は、地方政権が乱立...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。