家系図で分かる!斎藤道三と斎藤義龍の怪しい親子関係を解説

戦国時代と戦国武将

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

 

美濃のマムシと呼ばれ恐れられた美濃の戦国大名『斎藤道三(斎藤利政)』

そして、その息子と言われる『斎藤義龍(斎藤高政)』

 

一応は親子関係にあるとされている2人ですが、これには異説も存在しています。

その異説とは、義龍の父親は道三ではなく『土岐頼芸(とき よりなり/よりのり)』ではないか?という説です。

 

なぜこのような説が存在しているのか?

文章で説明しても、なかなか把握できないので、彼らを取り巻く女性たちも含め、家系図を作成し、簡単に解説します。

 

スポンサーリンク

家系図で分かる!道三と義龍の関係

斎藤家と土岐家の家系図

まずは下記の家系図をご覧ください。

結論から言ってしまうと、この問題の鍵を握っているのは『深芳野(みよしの)』という女性です。

斎藤道三の側室『深芳野(みよしの)』と斎藤義龍めぐる謎とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将 斎藤道三の側室に『深芳野(みよしの)』という女性がいます。 この深芳野なんですが、道三の息子 義龍との関係に、ちょっと不思議な説があります。 あま...

深芳野は、もともと土岐頼芸の側室だったのですが、後に斎藤道三(利政)の側室となります。

 

つまり、深芳野が道三の側室となった時、すでに土岐頼芸の子をお腹に宿していたと言われており、その子供が斎藤義龍(高政)である、という説があるのです。

 

なお、道三の正妻は『小見の方(おみのかた)』という女性で、織田信長の妻となる帰蝶(濃姫)の両親です。

 

道三と義龍の確執

このような経緯から、道三は義龍を疎んじていたと言われています。

そして、自分の子ではない長男の義龍を遠ざけ、実子である次男以降の『孫四郎』や『喜平次』という人物を溺愛したというのです。

自分の子ではない義龍に、斎藤家の家督を譲りたくないという思惑があったようです。

 

また、道三は織田家との同盟の際に信長と面会し、信長を高く評価したと伝わっています。

この時の道三の言葉が残されています。

我が子たちは、あのうつけの門前に馬をつなぐことになるであろう

 

どういう意味かと言うと、才気で劣る道三の子供たちは、信長の家来となってしまうであろう・・・という嘆きとともに、信長を高く評価した言葉です

もちろん、義龍も信長の家来になるうちの一人に入っています。

後年、道三と義龍は対立し、長良川の戦いで激突、その際に道三は義龍のことを『無能』と評しています。(ただし、この戦いで義龍の見事な采配を見て、評価を改め後悔したらしい)

 

道三がとにかく義龍を疎んじていた理由。

それは、義龍は自分のこではなく、土岐頼芸の子だったかもしれないという疑念が常にあったからなのです。

 

長良川の戦いへ

このような確執を経て、道三と義龍は『長良川の戦い』で激突することになります。

斎藤道三vs斎藤義龍!長良川の戦いでの明智光秀、織田信長の活躍とは
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 斎藤道三と義龍(斎藤高政)の親子が激突した『長良川の戦い』。 道三最期の合戦としてもしられる戦いです。 この戦いは義龍が勝利したの戦いとして名高いのですが、...

 

結果は義龍の勝利。

道三は敗れ、戦場に散りました。

 

この後、道三に仕えていた明智光秀が義龍の軍勢に攻められ、美濃を追われています。

若き日の明智光秀vs斎藤義龍!光秀の運命を変えた明智城の戦とは
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 明智光秀と言えば、本能寺の変とか、丹波攻略戦が有名ですが、他にもまだまだ見どころがあります。 そのひとつが『明智城の戦い』です。 美濃のマムシと呼ばれた斎藤...

 

光秀は浪人となり、後に織田信長と出会い、歴史は本能寺の変へと突き進んでいくことになります。

そう考えると、道三と義龍の親子ゲンカは、本能寺の変へと続く歴史の出発点であったとも言えるのかもしれません。

 

そして・・・結局のところ義龍は道三の実子だったのか?

今となっては謎と言うしかありませんが、個人的には実子だったのではないかと思っています。

これと言った理由もないのですが、家督継承が絡んだ親子間の争いなんて当時は珍しくありませんし、なにより義龍は側室の子で、溺愛した次男は正室の子。

この違いが、義龍を疎んじた理由で、それが後世になり、話が盛られていった結果、義龍の父親は土岐頼芸であるという逸話に拡大していったのではないかと考えてます。

 

まとめ

以上、斎藤道三(斎藤利政)と斎藤義龍(高政)の怪しい親子関係を家系図付きで解説!でした。

義龍は道三の子か?それとも土岐頼芸の子か?

道三と頼芸の側室であった深芳野という女性が、両者と交わっていたため、父親がどちらか分からなかったという事情があったのです。

ただ、頼芸の実子であるという説は俗説であり、現在は『道三の実子』説が有力視されいるそうです。

 

意外と知らない?土岐家と斎藤家の家系図はコチラです。

麒麟がくる!土岐家の家系図(相関図)で分かる斎藤道三との関係
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 令和二年(2020年)のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。 あまり有名ではない人物ですが、今作序盤での重要な役割を担っている人物たちがいます。 土岐頼芸と土岐...

 

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】はコチラ

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 本能寺の変だけではない明智光秀の魅力や、歴史的な出来事のまとめ記事です。 麒麟がくるを...

 

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。