西郷隆盛ってどんな人?鹿児島の英雄 西郷どんの人物像を簡単解説

ご来訪ありがとうございます!

『西郷さんのような英雄を持つ鹿児島県民が羨ましい』拓麻呂です。

2018年大河ドラマ『西郷どん』

ご存知、薩摩の英雄 西郷さんが2018年大河ドラマの主人公となります。

西郷さんと言えば、薩長同盟や江戸城の無血開城、西南戦争など歴史的出来事にも多く関係しており、その存在の大きさが注目されますが、今回は歴史的なお話ではなく、西郷さんの基本的な情報や、その容姿をお伝えします。

2018年大河ドラマ『西郷どん』を、より楽しむために西郷さんの基本的な情報を押さえておきましょう。

スポンサーリンク

薩摩の英雄 西郷隆盛

西郷さんのプロフィール

西郷さんが生まれたのは1827年。江戸時代の末期です。

身長は178センチだったそうです。

この当時の平均身長は今より低く約155センチ程度だったと言われています。

そう考えると西郷さんがいかに高身長であったかが分かります。

ちなみに西郷さんの盟友『大久保利通』は183センチもあったそうです。

そして、驚くべきは西郷さんの体重です。

その体重、なんと120キロ!

もはや力士レベルです。

ちなみに僕の身長は176センチなので西郷さんとそんなに変わりませんが、体重は65キロ程度です。

西郷さんは僕の約2倍です・・・。

まさしく巨漢というに相応しい姿をしていたようです。

体が大きいのには遺伝の影響もあったようです。

しかし西郷さんの食の好みは肉の脂身やウナギ、さらにはかなりの甘党だったらしく、その食生活も体の大きさに影響していたように思います。

ちなみに、西郷さんが着用していた軍服が現存しており、そこから推定すると身長178、体重108キロだそうです。

やはり、相当な大男だったようですね。

西郷さんはオシャレで愛煙家

西郷さんと言えば有名な肖像画があります。

最近よく言われている事ですが、あの肖像画は西郷さんの弟『西郷従道(つぐみち)』と西郷さんのいとこ『大山巌(いわお)』の顔をくっつけて描かれたと言われています。

西郷さんは相当な写真嫌いだった為、西郷さんと明確に分かる写真は今の所見つかっていません。

↓西郷さんの肖像に関する記事はコチラ↓

西郷隆盛の写真とそのモデル!西郷どんの写真は発見されない方がいい
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 維新三傑の一人『西郷隆盛』 西郷さんは、とんでもない写真嫌いだ...

弟やいとこの顔がモデルになっているとは言え、あの肖像画を見る限り、西郷さんの髪型は坊主頭が少し伸びたような感じですね。

実際西郷さんは、のぼせ症だったので坊主頭だったそうです。

そうかと思えばパーマをかけていた時期もあった!なんて説もあるので、案外オシャレな感じだったのかもしれまんね。

なお、服装はなかなか質素なものを着ていたそうです。

また、西郷さんは、かなりの愛煙家だったと伝わっています。

キセルを常に携帯していたらしく、西郷さん所有の煙草入れが現存しています。

逆に、アルコールはあまり得意ではなかったと言われています。

上野の銅像

西郷さんと言えば、上野の銅像が有名です。

この銅像は明治31年 12月に完成しました。

ちなみに連れている犬はメスで『ツン』という名前です。

西郷さんは愛犬家としても有名です。

↓西郷さんの犬好きに関する記事はコチラ↓

上野の西郷どんは何で犬を連れてるの?西郷隆盛の犬LOVE精神
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 有名な上野にある西郷さんの銅像。 その西郷さんの傍らに1匹の犬がいます...

ある時、西郷さんに二人の側室が出来たという噂が流れました。

しかし、本当は二人の側室ではなく、二匹のメス犬だった・・・

なんて逸話も残されています。

そして、この銅像ですが、西郷さんにあまり似ていないらしいのです。

銅像を見た西郷さんの奥様『糸子』さんが、

『宿(うち)ん人は、こげんお人じゃなかった!!』

と漏らしていたそうです・・・。

西郷隆盛の妻!西郷糸子!西南戦争のその後や上野の銅像のエピソード
どうもです。 ジェイソンです。 西郷隆盛が生涯で娶った3人の妻の中で、3番目の妻となった女性『西郷糸子(西郷イト)』 ...

西郷さんの容姿

実際に西郷さんがどんな顔をしていたのかはよく分かりません。

坂本龍馬や大久保利通など、この時代を代表する人物は大抵写真が残されており、その姿を確認する事ができます。

ところが西郷さんは写真が嫌いだったので、その顔を確認することはできません。

しかしながら、残念だな、と思う反面、これで良かったのかもしれない、とも思います。

西郷さんが関係する熱い歴史的出来事、西郷さんの人柄を偲ばせる心温まるエピソード・・

現代人のイメージする西郷さんは、心優しい大男・・・

このイメージは、きっと西郷さんの真実なんです。

鹿児島県民の方は、今でも敬意と親しみを込めて『西郷さん』と呼ぶそうです。

決して『西郷隆盛』とは言わないのです。

この事実が、西郷さんの全てを物語っているように感じます。

西郷さんの顔は後世に伝わりませんでした。

しかし、その人柄、偉業、そして『真実』は間違いなく現代に伝わっています。

上野や鹿児島にある西郷隆盛像の前に行ったら、是非西郷さんに声をかけてみてください。

親しみを込めて『西郷さん』と・・。

ずっとずっと西郷さんが身近な存在になり、心が通じ合えるはずです。

↓西郷さんの心温まるエピソード集はコチラから↓

西郷隆盛が人気の理由!明治維新の立役者 西郷どんのエピソード集!
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末の英雄『西郷隆盛』 出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本...

↓西郷さんの盟友 大久保利通の記事はコチラ↓

明治維新最大の功労者は大久保利通!その性格と暗殺された理由
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末の英雄といえば、坂本龍馬、西郷隆盛、高杉晋作・・・ 『好きな歴史上...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。