スポンサーリンク
スポンサーリンク
枕草子 七五段『ありがたきもの』簡単解説!1000年前から変わらない人間の本質

枕草子 七五段『ありがたきもの』簡単解説!1000年前から変わらない人間の本質

清少納言が書き残した『枕草子』。この古典には千年前の様々な事柄が綴られています。そんな枕草子から読み取れる『千年前から変わらない人間の本質』と『平安時代のあるあるネタ』。この記事では、枕草子 七五段『ありがたきもの』より、清少納言が感じた滅多にないものをご紹介します。

アメノミナカヌシ様は何処へ?最初に成った神様がご鎮座する神社

アメノミナカヌシ様は何処へ?最初に成った神様がご鎮座する神社

古事記に記された日本神話。この日本神話はどのような始まり方なのでしょうか?実は、ちょっと不思議な始まり方なんです。最初に登場する神様のお名前は『アメノミナカヌシ』様。このアメノミナカヌシ様の登場から日本神話の大きな謎が秘められています。日本神話の最初に登場する神様アメノミナカヌシ様が見せた摩訶不思議な現象を見てみましょう。

スポンサーリンク