清少納言と定子の性格と関係が分かる枕草子おすすめ章段

ご来訪ありがとうございます。

『清少納言に恋した男』拓麻呂です。

清少納言の枕草子。

約300段から成るこの作品には様々な事が書いてあり、どこに注目して読んで行けば良いのか分からなくなる時があります。

随筆という構成上、どこから読んでも内容がわからなくなるということはあまり無いのですが、注目しておきたいポイントというものは存在します。

それは清少納言と定子が登場するエピソード。

彼女たちのやりとりが微笑ましく展開するエピソードは、清少納言と定子の性格が伝わってきて、とても楽しく読み進める事ができます。

今回は、そんな清少納言と定子の性格が伝わってくるオススメ章段のご紹介です。

スポンサーリンク

清少納言と定子のオススメ章段

九三段『無名といふ琵琶の御琴を』

まずはこれです。

九三段『無名といふ琵琶の御琴を』

この章段は最大の見どころは、定子のセンスあふれるダジャレの切り返しです。

定子は皇后という高貴な立場であり、その生活の場は当然ながら宮廷です。

さぞかし、堅苦しい空間で生真面目な生活を送っているかと思いきや、定子の性格はその堅苦しさを全く感じさせないものでした。

夫の一条天皇が所持していた楽器の名前もモジったりして、会話の中にダジャレを織り交ぜてくる定子の姿は、ちょっとお茶目な愛らしい性格の女性。

皇后という高貴な立場でありながら、ちょっとシュールな冗談を言ってのける定子の性格が伝わってきます。

枕草子 九三段『無名といふ琵琶の御琴を』簡単解説!定子サロンが華やかな理由
ご来訪ありがとうございます! 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 今からおよそ千年前に書かれた古典『枕草...

また、この章段では清少納言が定子の冗談を称賛しています。

こんなところからも、清少納言が定子を慕っていたことがわかったりします。

九九段『五月の御精進のほど』

続いては、枕草子九十九段『五月の御精進のほど(さつきのみそうじのほど)』

個人的にトップ3に入る好きな章段です。

この章段では、ホトトギスの声を聞きに、ちょっとしたお出かけをする清少納言の姿から始まります。

そして、風流なホトトギスの声を聴いて和歌を詠もうとするのですが、事あるごとに他に目移りし、いたずら三昧・・・結局、清少納言は和歌が詠めないまま帰ってきてしまい、定子に呆れられるお話・・・

と思いきや、終盤で清少納言の意外なコンプレックスが判明します。

しかし最後の最後で、定子の心優しい気遣いが清少納言を優しく包み、コンプレックスの壁を崩すのです。

ちなみに、清少納言のコンプレックスは・・・こちらで是非確認してみてください。

現代語版 枕草子 九九段『五月の御精進のほど』①清少納言のプチ旅行
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 そんな『清少納言』が千年前に書いた作品...

ヒントは和歌です。この章段自体、実は一貫して和歌がテーマになっていて、物語としての構成もとても面白いですよ。

一八四段『宮に始めて参りたるころ』

続いてはこれ。『宮に初めて参りたるころ』

簡単に言うと、清少納言が定子の元に仕えてまだ間もない頃の回想録です。

僕は約三〇〇段から成る枕草子の中でも、この章段が一番好きです。

枕草子全体から感じる清少納言のイメージは気が強くて自慢ばかりする、ちょっと性格の悪い女性。

しかし、この章段では打って変わって、とても弱い清少納言の姿が描かれています。

緊張して泣きそうになったり・・

隙を見て逃げ出そうとしたり・・

定子の兄と話すことになりパニック状態に陥ったり・・

この章段を知ることで、清少納言も普通の女性だったことが分かります。

枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】
枕草子の作者『清少納言』。彼女は離婚をキッカケに宮仕えの道を志します。ところが、いざ宮仕えを始めたものの、ガチガチに緊張しまくる清少納言。枕草子 一七九段『宮にはじめてまゐりたるころ』には、そんな彼女の意外な姿が記されています。それでは、宮仕え当初の清少納言がどれほど緊張していたのか見ていくことにしましょう。

そして、テンパる清少納言を気遣う定子の姿が随所に散りばめられています。

この章段でも、定子は優しい姫君として振舞い続けています。

二九九段『雪のいと高う降りたるを』

最後はこれです。

『香炉峰の雪』という名称で呼ばれる枕草子の中でも非常に有名な章段です。

外に雪が高く降り積もったある日の出来事が書かれています。

この章段にこそ、清少納言と定子の関係、そして清少納言が定子を慕う本当の心が隠されています。

この章段にこそ、清少納言が枕草子を書いた本質が隠されています。

そんな清少納言の本当の想いを知りたい方はコチラをご覧ください!

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い
枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』。『香炉峰の雪』として知られる枕草子を代表するエピソードです。しかし、このエピソード、一見すると清少納言が自慢したいが為に書かれた内容に見えますが、その真実は全く違うのです。今回は『香炉峰の雪』の裏に隠された清少納言の想いに迫っていくことにしましょう。

春はあけぼのだけじゃない枕草子

枕草子と言うと、どうしても『春はあけぼの』ばかりが注目されがちです。

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!
あまりにも有名な枕草子一段『春はあけぼの』。世界最古の女流随筆集『枕草子』はこの一段から現代人を唸らせ、清少納言の世界観に引きずり込みます。カメラもスマホも無い時代・・・しかし、そこに書き記された『春はあけぼの』はまるで静止画でも見ているかのような錯覚すら覚えます。清少納言が捉えた四季の一瞬を堪能してみましょう。

春はあけぼのも情景描写としてはとても素晴らしい章段ですが、枕草子にはもっと面白く興味深いエピソードがたくさん詰め込まれています。

千年前の難しい古典という考えは、ちょっと横に置いておいて、少しおてんばな女性が書いた日記として楽しむと、現代人でも共感できるとっても面白い内容が目白押しですよ。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。